機種概要

基本情報

機種名 吉宗RISING
メーカー 大都技研
仕様 AT
AT純増 約4.0枚/G
50枚あたり 約34G
天井 ボーナス間を800G+α消化 or AT間1200G消化 or 将軍ボーナスで4連続ATスルーかつ5回目の将軍ボーナス当選
導入予定日 2024/01/09
大都技研の看板機種「吉宗」がスマスロで登場!AT中の設定差を撤廃することにより、設定に関わらず出玉獲得が見込めるスペックだ。

通常時はゲーム数消化やレア小役の抽選で「将軍ボーナス」を目指そう。主に「将軍ボーナス」消化中の抽選で「爆走大盤振舞」に突入する。

「爆走大盤振舞」は差枚数管理型のATで、消化中は差枚数上乗せや「ライジングチャレンジポイント」獲得抽選が行われる。獲得した「ライジングチャレンジポイント」はAT終了後に必ず突入する「八代将軍チャレンジ」に大きく影響。「八代将軍チャレンジ」はお馴染みの「吉宗・爺・姫」3種類から演出を選択可能なAT引き戻しゾーン。引き戻し期待度約80%となっており、成功かつ「ライジングチャレンジポイント」1000PT到達時などで「振舞昇天ライジング」に突入する。

「振舞昇天ライジング」はベルの押し順ナビがそのまま上乗せ枚数になる上乗せ特化ゾーンで、強レア小役成立時は「吉宗」シリーズの代名詞「711枚」上乗せが発生!

「八代将軍チャレンジ」成功時に「フリーズ高確」へ移行した際は、金7揃いによる「金鷹伝説」突入のチャンス。「金鷹伝説」は「振舞昇天ライジング」からATが開始、AT中はあらゆる抽選が優遇される「爺・姫」同行状態、金7揃い自体がループする大量出玉獲得のトリガーだ!

初当たり確率・AT確率

吉宗RISING  ボーナス確定
初当たり確率・AT確率は高設定ほど優遇されている。設定差が大きいため、設定推測を行う際は初当たり確率・AT確率に注目しよう。
設定初当たり確率AT確率
11/268.61/537.0
21/261.91/521.2
31/252.21/492.7
41/234.31/437.4
51/227.21/405.9
61/216.81/377.9

機械割

設定機械割
197.6%
298.9%
3101.1%
4105.1%
5107.5%
6111.2%

小役確率

現在調査中

50枚あたりのゲーム数

約34G

コンプリート機能

本機は「コンプリート機能」搭載機となっている。「コンプリート機能」とは同日で差枚数を19000枚獲得すると打ち止め状態になる機能で、打ち止め時は事前に台から告知が行われる。なお、一度打ち止め状態になると設定変更するまで解除されない。

打ち方

打ち方・各小役の停止形などの詳細

吉宗RISING 打ち方
本機は通常時に「順押し姫図柄狙い」の打ち方で小役のフォローが可能。下記ページでは通常時の打ち方、各小役の停止形、リール配列、を掲載しているので参考にしてほしい。

>>「打ち方・各小役の停止形・役の構成・リール配列」の詳細はこちら

役の構成

吉宗RISING 役の構成

リール配列

吉宗RISING リール配列

通常時の打ち方

順押し姫図柄狙い

吉宗RISING 順押し姫図柄狙い
左リール枠上に姫図柄を狙うと小役のフォローが可能。松が出現した場合は中リールのみ松を狙う(姫図柄を目安)必要あり。

各小役の停止形

リプレイ

吉宗RISING リプレイ

俵(6 or 13枚)

吉宗RISING 俵
吉宗RISING 俵

弱チェリー(1枚)

吉宗RISING 弱チェリー

強チェリー(1枚)

吉宗RISING 強チェリー

松(5枚)

吉宗RISING 松

チャンス目(1枚)

吉宗RISING チャンス目
吉宗RISING チャンス目
※上記の停止形は一例です
※なな徹調べ

キーワードで解析情報を絞り込む

攻略ツール